更新情報


●7月17日【高圧ガス製造保安責任者及び販売主任者試験等のご案内】を掲載。New!>>>GO!
●7月17日【雇用管理研修の開催について】をマイポケットにアップ。New!>>>GO!
●7月11日【冷凍保安講座開催の案内】をマイポケットにアップ。New!>>>GO!
●美しい地球を未来の子どもたちに in やまなし 開催を掲載。>>>GO!
●日設連「点検済シール」の販売についてを掲載 >>>GO!


トピックス

H29年度高圧ガス製造保安責任者及び販売主任者試験等のご案内

 当協会におきましても書面受付を行っております。受験を希望される方はお問合せください。
1.日時 平成29年11月12日(日)午前9時集合
2.場所 高圧ガス製造保安責任者試験(甲種化学責任者免状、甲種機械責任者免状、第一種冷凍機械責任者免状に係るものに限る)
立正大学品川キャンパス(東京都品川区)及び、中央工学校(東京都北区)
高圧ガス製造保安責任者試験(上記以外)及び、高圧ガス販売主任者試験並びに液化石油ガス設備士試験
山梨県農業会館6F(甲府市飯田1-1-20)
3.受付期間 書面受付 平成29年8月21日(月)〜9月1日(金)
電子受付 KHKホームページをご覧ください。

試験の案内<書面受付用>についてはこちら(PDF形式)



冷媒フロン類取扱技術者講習に関するお知らせ

 今年度は、第一種、第二種ともに、甲府会場での冷媒フロン類取扱技術者講習会の開催はございません。 受講希望者の方は他会場で受講をお願い致します。
第一種冷媒フロン類取扱技術者講習会についてはこちら(日設連)
第二種冷媒フロン類取扱技術者講習会についてはこちら(日本冷媒・環境保全機構)



日設連「点検済シール」の販売について

当協会では、日設連の「点検済シール」を販売致します。

 フロン排出抑制法の施行に伴い義務化された「定期点検」について、その実施を明確にするために、機器の室外機に貼付するものです。 「点検済シール」を貼付することで、確実に「点検」をしている機器ユーザーが差別化でき、このシールを室外機の目立つところに貼付することで、広くフロン法について認識していただく周知ツールにもなります。併せて、点検の必要性と点検時期がきていることを認識してもらうためでもあります。 是非、ご活用ください。
お申し込みは、(一社)山梨県冷凍空調設備保安協会まで。 価格は、1シート4枚で会員は108円(税込み)、会員外は1シート162円(税込み)にて販売いたします。

会員用注文シートのダウンロードはこちら(MS-EXCEL形式)
※会員向け情報ページ→ファイル共有【2017日設連】からもダウンロードいただけます。
※非会員の方は事務局までお問合せ下さい。

尚、非会員の企業様が購入する場合には、「第一種または第二種冷媒フロン類取扱技術者」がいることを確認するため、技術者証の提示が必要となります。


2017年3月26日 美しい地球を未来の子どもたちに in やまなし 開催

〜オゾン層保護・地球温暖化防止に向けて〜
2017.3.26(日)13:00〜16:00@山梨県立文学館

【シンポジウム】 UNEP(国際環境計画)のオゾン層保護活動や、身近な温暖化についてご紹介。
【サクライザーと地球を守ろう】サクライザーに子供たちも大喜び、クイズ、写真撮影も。
【和太鼓演奏 阿羅漢】世界に誇る日本の伝統・心と身体に響く迫力の演奏。
【コンサート しらいみちよ】人と自然の共生、調和をテーマに生態系を保護するコンサート





「美しい地球を未来の子供たちに」
一般の方はもちろん、空調機・冷凍機をお使いの方は是非ご参加いただき、 この美しい地球を守るために何が必要か一緒に考えてみませんか?

後援: 山梨県/日本フロン回収推進産業協議会/山梨県中小企業団体中央会/山梨県職業能力開発協会
主催: 山梨県冷凍空調設備保安協会
共催: 山梨県冷凍空調設備事業協同組合
※本事業は公益信託地球環境保全フロン対策基金の助成を受けています。



協会員・組合員を募集しています

 私たちは、地球環境をテーマとしたシンボルマーク、ポスターの募集、展示、発表や、自然冷媒(NH3)をテーマとした講習会の開催等の事業の推進と、新たな時代へのビジネス展開に取り組んでおります。また、当協会及び組合員には、会員価格での機器の貸し出し等、特典もございます。関連事業者のご入会をお待ちしています。
入会案内のページはこちら


フロン排出抑制法施行規則第49条第1号の認定


 (一社)山梨県冷凍空調設備保安協会は、平成27年6月9日、山梨県知事よりフロン排出抑制法施行規則第49条第1号の認定を受けました。


フロン排出抑制法でどうなる?


 「フロン排出抑制法」が平成27年4月より全面施行されます。業務用冷凍空調機器にフロン類を「充填」「回収」、および機器の「点検」には、専門的な知識が必要となり「充填」「回収」には、都道府県知事の登録が必要となります。また、機器の所有者(管理者)は、今後、冷凍空調機器の適正な管理とフロン類の排出抑制に努めなければなりません。日常的な簡易点検は、専門業者のアドバイスを受けながら所有者ご自身が行い、定期点検は専門業者の有資格者に依頼して実施することが必要となります。充填回収業者・管理者ともに罰則を伴う法律です。
フロン排出抑制法パンフレットはこちら
解体時フロン回収パンフレットはこちら


改正フロン法説明会の資料

 経産省の受託事業として全国50ヶ所で法改正の説明会が開催されました。 当協会でも、平成27年2月10日(火)に山梨での説明会を開催いたしました。 説明会資料を掲載いたしますのでご利用ください。
A講座)ユーザー向け改正フロン法説明会(一般、ユーザー向け) 
B講座)設備施行・保守・メンテナンス業者向け改正フロン法説明会(充填回収業者向け)
C講座)ユーザー向け簡易点検説明会(ユーザー向け)

 次回開催予定は予定が決まり次第、掲載いたします。

 フロン排出抑制法の概要(経済産業省、環境省)
 第一種特定製品管理者の役割と責務(A講座)
 第一種フロン類充?回収業者の役割と責務(B講座)
 ユーザーによる冷凍空調設備機器の維持管理について(C講座)
 簡易点検の手引き(冷凍冷蔵ショーケース・業務用冷凍冷蔵庫編)(C講座)
 簡易点検の手引き(業務用エアコン編)(C講座)




STOP 地球温暖化 !


 私たちの地球は今、最大の危機に直面しています。 地球は今、フロンによるオゾン層の破壊エネルギー使用による地球の温暖化、資源の枯渇など多くの問題を私たちに投げかけています。 地球は人類のものだけではありません。この星に住むあらゆる生物のためにも、我々の子孫のためにも、私達がいま、しなければならないことを考えていきましょう。
>>> 環境問題についてはこちら


フロン回収への取り組み


 フロンは経済産業大臣・環境大臣の許可業者であるフロン破壊業者により処分されます。 私たち山梨県冷凍空調設備事業協同組合、(一社)山梨県冷凍空調設備保安協会では、80社以上が業者登録をすませ、その実効を上げるべくフロン回収に取り組んでまいりました。

 また、組合、協会の共同事業として、地球環境をテーマとしたシンボルマーク、ポスターの募集、展示、発表や、自然冷媒(NH3)をテーマとした講習会の開催等の事業の推進と、新たな時代へのビジネス展開にも取り組んでおります。

 さらに、フロン回収実績、活動状況を皆様に広く知っていただくため、「やまなしシンポジウム」を開催しております。 ここで提案および推進する省エネルギーシステムは、オープンネットワーク対応モデルを作成し、幅の広い技術習得を進めています。 このモデルは、省エネルギー計測、漏洩監視、太陽電池利用等のシステム統合が簡単に行えるものであります。

Contact us :

一般社団法人
山梨県冷凍空調設備保安協会

山梨県冷凍空調設備
事業協同組合

〒406-0853
山梨県笛吹市境川町藤垈6,865
TEL 055-266-5644
FAX 055-266-2935




Links