フロン排出抑制法とは

フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)は、フロン類の製造から廃棄までライフサイクル全般に対して包括的な対策を実施するため、フロン回収・破壊法を改正し、平成27年4月に施行された法律です。 令和2年4月1日より改正フロン抑制法が施行されました。

機器管理者の責任

業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器のうち、フロン類が使われている機器(店舗用エアコン、ビル用マルチエアコン、業務用冷凍冷蔵庫、冷凍冷蔵用ショーケースなど)の所有者様は、機器管理者となります。

フロン排出抑制法により、機器管理者の責任が増加しています。フロンをみだりに放出したり、責任を果たさない場合、1年以下の懲役、 50万円以下の罰金などの罰則が科せられる法律です。
1. 業務用冷凍空調機器の簡易点検・定期点検の義務化
2. 漏洩を発見した場合には、速やかな漏洩化の所の特定及び修理を実施
3. 業務用冷凍空調機器の簡易点検・定期点検の義務化
4. 算定漏えい量の報告
5. 機器を廃棄する際はフロン類を回収しなければならない(行程管理票は山冷協で販売中。こちらをご覧ください。)

詳しくはこちらのリーフレットをご覧ください

※ルームエアコンを個人使用し廃棄する場合は、家電リサイクル法の対象です。(フロン排出抑制法の対象外です。)引き取り業者や自治体に確認の上、処分してください。

フロン類取扱技術者による点検・予防保全を

機器管理者は、業務用冷凍空調機器の適正な管理とフロン類の排出抑制に努めなければなりません。 少なくとも、日常的な簡易点検はご自身で、定期点検は冷媒フロン類取扱技術者に依頼して実施することが必要になります。 機器トラブル発生時はフロンが漏えいしているケースが多く、専門知識を持った技術者による 確実な点検、修理が予防保全につながります。

フロンに関するお問い合わせはこちら

地球温暖化の問題をともに解決してきましょう

2009年3月経産省の発表によると、業務用冷凍空調機器では充填量比2~17%のフロンが漏洩により 大気に放出されています。二酸化炭素(CO2)の数百~4千倍以上の温室効果をもたらす代替えフロンの漏洩が 大きな問題になっています。
美しい地球を未来の子供たちに残せるよう、ともに環境問題に取り組んでいきましょう。

オゾン層保護・地球温暖化はこちら